2024年4月23日

 

少し物騒に聞こえるかもしれない話をしようと思います。

アメリカを筆頭に銃乱射事件があとを絶ちません。乱射には至らないものの銃による殺人事件や事故も世界中でもっとひんぱんに起こっています。

筆者は厳しい銃規制に賛成の立場ですが、個人的には近く拳銃を扱う訓練を始める計画です。拳銃を扱う訓練とは、要するに銃撃の仕方を習うということです。

筆者は銃、特に拳銃に恐怖心を抱いています。自身のそのトラウマを筆者はほぼ25年前に偶然に発見しました。

1994年、シチリア島で長期ロケ をしていたとき、ある人が護身用に保持している拳銃を手に取ってみる機会がありました。

拳銃は合法的に取得・登録済みのもので、そのとき実弾も装填されていました。

手にした拳銃はずしりと重いものでした。手に取るとほぼ同時にその重さは強い不安に変わり恐怖心を呼び込みました。今にも暴発しそうなイヤな感触もありました。

そのくせ筆者は、引き金に指を掛けるどころかグリップさえ握らずに、銃を寝かせたまま全体を手の平に乗せて、軽く包み込むように持っただけなのです。

いうまでもなくその恐怖心は、拳銃が殺傷の道具である事実と、それを所持した人間が犯す事件や事故の可能性を知っていることから生じています。

また筆者は拳銃がもたらす事態の怖さを知っているのに、その怖さを生み出す拳銃そのもののことが全く分かりません。弾丸を撃ち出す仕組みも構造も何もかも、手にした拳銃の実体の全てが理解できないのです。

その現実も不安となりさらに大きな恐怖となりました。人間が作った道具を、それへの無知ゆえに筆者は激しく怖れる。そこでは無知こそが恐怖の動機でした。

そのとき湧き起こった恐怖心はさらなる心理の屈折を筆者にもたらしました。つまり筆者は拳銃を怖れている自分にひどい屈辱感を覚えたのです。

そうやって筆者は恐怖と屈辱といういやな感情を自分の中に抱え込んでしまいました。

それは25年後の今もはっきりと筆者の中に刻み込まれています。二つながらの感情を克服するには、再び銃を手に取って、今度は実際にそれを撃ってみることです。

銃撃を習得する過程で筆者は銃の構成やからくりや大要や論理等々についても勉強していくでしょう。射撃を習うことができる試射場はイタリアには数多くあります。

実は10年ほど前には猟銃の扱いを覚えました。狩猟に出る気は毛頭ありませんが、素人には猟銃のほうが扱いやすい、という友人の軍警察官のアドバイス得て試してみたのです。

秋の狩猟シーズンに友人らに連れられて山に入り、主に空に向かって猟銃を撃っては少しづつ慣れていきました。そうやって今では筆者は、割りと平穏に猟銃を扱えるようになりました。

課題は拳銃です。映画などでは手慣れたオモチャの小道具のように拳銃を軽くあしらうシーンがひんぱんに出てきますが、拳銃は猟銃とは違って扱いが難しい。慣れないうちは暴発や事故も頻発します。

また手の内に収まる小さな装備が、引き金にかかる指先のかすかな動きで爆発し、圧倒的な威力で人を殺傷する悪魔に変わる実態の、重圧と緊張と悪徳もうっとうしい。

筆者の恐怖感の正体も、片手でも扱える小さな、そのくせずしりと重い拳銃への無知と疎ましさと嫌悪に基因があります。筆者はそれらの全てを克服してすっきりしたいのです。

拳銃を自在に使いこなしたいのは恐怖の克服が第一義の理由ですが、実はほかにも2点ほど筆者がその必要性を思う理由があります。

筆者はここイタリアでは少し特殊な家に住んでいます。古い落ちぶれ貴族の館で、過去には何度も盗みや押し込みの被害に遭っている場所なのです。

そんな歴史があるため、屋内には金目のものは置かれていません。もしも盗む価値のあるものが存在するとすれば、それは古い大きな建物そのものだけです。それはむろん持ち去ることなどできません。

イタリア中に存在する「私有の」貴族館や歴史的豪邸や城などは、ほぼ100%がそんな状況にあります。要するに貧乏貴族のボロ家なのです。イタリア人のプロの盗賊なら経験上そのことを知っています。

しかし、今のイタリアには外国人の犯罪者があふれています。イタリアの歴史的家系の内情を知らない彼らは、建物の堂々たる外観だけに目を奪われて、報われない盗みの計画を立てるかもしれません。

それでも彼らのほとんどは武装した危険な賊徒です。そうした連中は常に暴力的ですが、屋内に目ぼしい金品がないと知ると特に、憤怒にかられた殺人者に変貌することも多い、と統計が語っています。

自家は警備システムで厳重に守られていますが、筆者自身が護身のために武器を秘匿しておくのも悪くない、と感じないでもありません。ここは平和な日本ではない。普通に危険な欧州の一国なのです。

筆者は臆病な男ですが、もしも賊に襲われたときには、黙って難を受け入れることを潔しとしません 。家族を守るために必ず行動しようとするでしょう。

もうひとつの理由は少々形而上学的なものです。将来ムダに長生きをしたとき、尊厳死 が認められている社会ならいいのですが、そうでないときはあるいは拳銃が役に立つかもしれません。

形而上学的どころかひどく生々しい話に聞こえるかもしれません。しかし、筆者には自壊の勇気 など逆立ちしてもありません。将来もそんな勇気は湧かないでしょう。従ってそれは妄想という名の形而上学的世界。

小心者の筆者は120歳になんなんとする時まで生きてもきっと、拳銃を手にして、この悪魔を喜ばせないためにも自滅などしない。もっともっと生き続けなければならない、などと自己弁護に懸命になっていることでしょう。

それらのことを踏まえて、筆者は近く射撃場の扉を叩く予定を立てています。



facebook:masanorinakasone

official siteなかそね則のイタリア通信

 

1 thought on “銃の重さ

  1. なるほど。。。
    僕は拳銃ではなくて、日本刀を二振り合法的に所持・登録しています。動機は似ているかも知れませんが、妖しい光を放つ日本刀という物への、恐怖を乗り越えたかったという心理があります。

    また日本人なら、昔サムライが普通に腰に帯びて歩いていた、武士の命を一定のレベルで扱えなければ恥ずかしい、という思いもありました。それで僕は居合道に入門して、日本刀の取り扱いの基本を訓練しました。

    実際に所持するまでは、もしかしてハラキリなんぞしたくなる自分に、変貌してしまうのではないか、と言う怖れもありました。それまで日本刀は美術館でしか見たことがなく、本当に魔性のような怪しさがあったからです。

    居合道を稽古することによって、そのような心配は無縁だと、すぐにわかりました。正しく扱えば決して危険ではありません。居合道の最も高度な技は「鞘の内」と名付けられた技で、それは刀身を鞘から抜かずに相手を制圧する、というものでした。

    今では和服の時などは、実際に腰の物を差して、ほんの少しサムライの気持ちになって、歩くこともあります。ピリッと緊張感を持つことができて、なかなか良いものですよ。

あなたのコメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください