老犬そして僕の両腕


僕の左腕は愛する妻を守るために在(あ)る。
僕の右腕は剣を振りペンを握るためにある。
この両脚がある限り僕は何処へでも行ける。
そしてこの口がある限り誰とだって話せる。

こんなにも恵まれた僕が生きていけないはずがあろうか。


杉江義浩OFFICIALをもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで届きます。

あなたのコメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください